15章:自分らしさ
----------------
神様と出逢って、3週間以上が過ぎた。


このいつもの時間が、
あと少しで終わると思うと淋しい・・・。

ちょっと、ボーっとしていた。


「もっし、もっし〜」
「ちゃんと聞いてますかぁ〜」


『あっ・・・すみません・・・・』


「今、ボゥ〜ってしてたやろ!?」

『すみません・・・』
『コーチングが、あと少しで終わると思うと・・・』


「そうか・・・」

「でもな、いつまでも」
「わしに頼りっぱなしやと」
「自分自身の成長にならへん」

「いつか、お別れはあるんやで」


「今回は、それが」
「ちょい早くなっただけやからね」


『わかってます』
『わかっているんですけど・・・・』
『少し淋しくなって・・・』


深呼吸を一回。


『すみません!』

『しっかりと聞くんで』

『続きをお願いします』


「ほな、しっかりと聞きや〜」


< 158 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile