「すぐに人の買ったブランドもん」

「人のお弁当のおかずとかテストの成績」

「人の給料の額」

「付き合っている人のこと」


「そんなんと比較ばっかりして」
「愚痴るヤツって、おるやろ?」


(私も、そういう面がある・・・・)


「これは、他人のものさしで、
 自分の幸せを計ってしまう行為やねん」


「自分はどうか?」
「より」
「人と比べてどうか?」

「そればっかり気になんねん」


「そうやって、人と比べて良い方に向う」

「そんな判断基準でいくと」
「どんどんと自分らしさから離れていくばっかりや」


「そうやって、本来の自分の姿ではない状態を」

「好きになってくれた人と付き合ったとする」


「本来の自分ではないから」
「無理した状態やんねん」


「そうすると、付き合っていくうちに」
「どんどんと疲れてくるし」
「ヒズミが出てくるわな」


「自然体じゃないから」
「しんどいばっかりやわ!」


< 164 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile