集まってから、ずーっと
どうしても疑問なことがあったので聞いてみた。


『みなさん、いうほど、太ってないですよね?』


みんなが、声をそろえたように
「そういう君もね〜」


一同、どっと笑った。


(そうか、誕生日のあの日。
 あのモデルの人と比べて太っていると、
 落ち込んでいるだけだった。
 人と比べる・・
 ビリケンさんの言うとおり、
 それが不幸の始まりなのかもしれない。)


もちろんダイエット話で盛り上がる。

いつくかの話題が飛びかい、
いろんな情報や想いが交換された。


『わたし、やっぱり痩せて可愛くなりたいなぁ〜』


「今のままで、じゅーぶん、可愛いよ♪」


そう発言してくれたのは、
この会がスタートしてから
ずっと、目線から外れなかった人。


なぜ?

それは、タナカ君にそっくりだから。

えっ!?カメナシ君が好きじゃなかったの??

なんて、ヤボなことは、聞かないでください。


しかも、日記やメールで何度も
私を励ましてくれた王子様的存在。


参加の一番の動機は
この人に会いたかったからだ。


< 168 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile