(みんな・・・恋愛経験が豊富・・・)

興味深げに、
ずぅ〜っと聞き入っていた。


楽しい時間は、あっという間に過ぎ、
そろそろお開きの時間だ。


最後に、彼が声をかけてくれた。

「これからは、2人で」
「無理のない範囲で」
「ちょっとずつ、楽しくダイエットしよう!」

「ちょいイイ女と、ちょいイイ男を目指そうね」


『うん』


(あ〜、好みかもしんない・・・??
 あ〜、好みかもしんない・・・?
 あ〜、好みかもしんない・・・
 やっぱ、好みだ!
 カメナシ君には似てないけど、
 タナカ君似も素敵☆)


彼が、続けて耳打ちする。

「二人で頑張るってことは」
「連絡を取り合えるってことじゃん・・・」

「それが、また嬉しいよね・・・」


(ムゥオオォッォ〜)
(ア・ラ・タ・ナ 恋の予感なんですけどぉ〜)


もちろん!
電話番号と携帯のメアドを交換した。


今日は、2,000%来てよかったと思う。

マジ思う!

ってか、絶対、良かった!


店を出て、みんなとの別れ際に

「じゃ〜また、連絡するね!」
『ウン♪まってるね!』

二人だけの約束をした。


足取りも軽く、家路についた。


< 170 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile