部屋に戻って、
今日の集まりのことを
さっそく、日記にアップした。


携帯に着信。


『もっっし〜もっし〜♪』

「まいど、ビリケンですぅ〜」


「じぶん・・・・ニヤニヤしすぎて」
「きしょいよ!あの子が原因か?」


(って、プライベートを
 思いっきり見てるじゃん!)

(まぁ、いいや・・・)
(今日は、ちょーハッピーなんでぇ〜)


『そうなんですよ!』
『ビリケンさん、聞いてくださいよ〜』


かなり早口で、一通りのろけてみた。


「よっかたやん!」
「ええ子そうやしね!」

「・・・でも・・・」
「じぶんの好きなカメナシ君似やないやん・・・」

『いいんです!』
『タナカ君に似て、イケてますから!』


キッパリと言い切った。


「じぶん・・・ほんま、ノンポリシーやね・・・」


「まぁ、幸せなら、それでええんやけど」


< 171 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile