『そうなんですよ!』

『何が幸せかって言うとですねぇ〜』


『2人だけで約束したんですよぉ〜』

『自分たちのペースで』
『ちょとずつダイエットを楽しもうって!』


『そうすると、連絡を自然に取り合うでしょう〜』

『それが、また・・・』

『うれしいんだってぇ〜』


満面の笑みで、語った。


「それ・・・さっきも聞きましたけど・・・」
「実に、2回目なんですが・・・・」


『まぁまぁ、神様なんでしょ?』

『人の幸せ話を聞くのが仕事みたいなもんでしょ??』


「なんでやねん!」

「誰が、いつから、そんなん言うてん!?」


「っまぁ、ええわ」

「実は、今日のコーチングで伝えたかったことが」
「自分のペースでダイエットするってことやってん」


「だから、もう今日は、言うことないわぁ」

「予習で、答えを出しているとは」
「ええ生徒や!なかなかやりよる!」


「今日は、良かったね!」

「ダイエットコーチング、明日で、最後やから」

「ほな、お休みな〜」


今日のコーチングが終わった。
明日で最後。


ビリケンさんと入れ替わるように、
新しい出逢いがあったおかげで、
寂しさが軽減された感じがする。


< 172 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile