『もしもし♪』

「今日も声が弾んでるやん」


『あっ!わかりますぅ〜』


「うん。めちゃわかる」

「じぶんって、ほんまにわかりやすいね」


『それは、褒め言葉だと思っときます♪』


「今日は、何を言うても怒りそうにないね」


『世の中に、怒りという感情があること自体』
『今の私には、意味不明です!!』


「でたぁ〜!!ビックマウス!!」


二人して吹き出した。

ひとしきり冗談を言いあって、
笑った。


(そうか・・・今日で最後かぁ・・・)

そう思うと、
隠れていた寂しさが顔をだす。


「コホンっ!」

ビリケンさんの咳払い。


「ほな、今日でコーチングは最後や」

「ホンマは、まだまだ言い足りひんこともある」

「でも時間は限られとるからね・・・」


「最後のコーチングするで」
「しっかりと聞いておいてね」


『はい!わかりました』

これで、ビリケンさんの声を聞くのは最後。


< 176 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile