「そうやったっけ?」
「まぁ、5回でええやん」


「じぶんかって」
「大好きな わしに」
「3回より5回逢えたほうがええやろ?」


『・・・・・・・』
『ええ・・・まぁ・・・・そうかもしれません・・・』


「ほな、5回ね〜♪」

「いやほっぉ〜♪♪」


なんか、やられた気がする・・・


「新しい恋もはじまりそうな予感やし」

「二人でやったら、ダイエットも成功するでぇ〜」


『まだ、そんなんじゃないです!』


「照れんなって!」


「ほな、楽しんでや〜バイバイ」


最後なのに、あっさりした別れだった。

ちょっと、気が抜けるぐらい・・・。


『しかし〜最後まで』
『いい加減な人だったなぁ〜』


もう一度、今までの日記を読み返して
教えてもらったことを振りかってみた。


『せっかく神様に教えてもらったし』
『強力なダイエットパートナーもできたし』
『キレイになって、ビリケンさんに報告できるように』
『楽しみながら痩せるか!!』


強い決心をした。


< 181 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile